サイトメニュー

受ける前の準備

注射を打つ人

失敗の備えと施術後の注意点

ボトックス注射は手頃で効果的な整形ができることもあり、今では定番の一つとなっています。小顔整形にしわやたるみの矯正と多くの整形が可能なため、これだけで見目よい顔に一足飛びに近づくことが可能です。効果が長く続くこともあって、受け直しも十分に考える余地があるほどなのですが、初めて受ける時は失敗するケースも念頭に置かなければなりません。余計な出費につながることもあるため、受ける前には失敗に備えておくことが大事です。大きな失敗につながるケースが、対処法が不明確だった時です。なので、最初にクリニックのアフターサービスの確認をしましょう。失敗時に真っ先に利用すべき方法なので、必ず予約前にフォローを正確に把握しておきます。公共の相談先となる専門機関の連絡先も押さえておくといいでしょう。アフタ−サービスはどのクリニックも扱っているわけではなく、扱っていてもふくらはぎへの注射など挽回が難しい治療の場合は使えないことがあります。その時は医療センターなどの機関を通じて対処することになるため、アフターサービスと一緒に調べておきましょう。整形治療は保険による負担軽減措置がないため、失敗の対処も基本的に自分ですることになります。そのため、動き方を知らずに受けると万が一の時に対処ができません。手軽で効果的と聞くと「失敗がない整形」と感じそうになりますが、注入量の微妙な誤差や体質などの要因もあり、不具合が起きることも少なからずあります。初めて受ける人はボトックスが合うかが分からない状況のため、失敗に対しての準備が最も重要です。
小顔やシワの除去などに活躍するボトックスですが、受けた後の行動によっては効果時間が短くなってしまいます。日常生活で当たり前にする行動にも効果減衰になるものがあるので、長続きさせたいならその時に意識するようにしましょう。施術後に避けるべき行動が、注射部位の筋肉を頻繁に刺激することです。ボトックスは神経麻痺による筋弛緩を利用した整形のため、筋肉を何度も動かすと麻痺が取れてしまいます。例えば朝に顔を洗う時、目元や頬を揉むようにして洗う人もいるでしょう。ボトックス注射後にこれをやると、弛緩した筋肉の神経が刺激されて緊張が戻ってしまいます。ボトックス整形を受けた時は揉むのではなく優しく押すような感じで洗うと長続きさせやすくなります。また、頬に注射した場合は咀嚼運動を何回も繰り返しても効果が小さくなってしまいます。ガムをよく噛む人は、いつも噛んでいるという状況にならないように注意しましょう。二の腕やふくらはぎに注射した場合でも、スポーツをよくやる人は刺激が多いため、効果が薄くなりやすいです。ボトックスの効果はおおよそ半年続きますが、趣味や日常の行動によっては早まることがあります。人によっては半分ほどまで短くなることもありますが、受け直しをしたいと感じても5ヶ月くらいは様子見しましょう。理由は効果が切れても薬が完全に抜けたとは限らないためで、短期間で注射を繰り返すと過剰注入による弊害が出る可能性があります。頻度を抑えるなど工夫すれば大丈夫なこともあるので、刺激を抑える方法を探してみるといいでしょう。